仕事中の占い師

うつ病の色々

星座

うつ病とは

ストレス社会と言われている現代ではうつ病になってしまうという人が多く、一生懸命治療に励んでいます。うつ病は心の風邪とも言われている精神的な病気で生真面目や几帳面や気が弱いそれだけでなく責任感が強い人や完璧主義者などの性格を持った人、身近な人との死別や両親の離婚や薬の副作用といった環境の変化からうつ病になってしまうことが多いです。特に仕事をしていたらうつ病になってしまったという人は環境の変化によるストレスなどが原因とも言われています。うつ病の症状には抑うつ気分や不安、それに加えて食欲低下や不眠症など体にも影響が出ることがあります。うつ病の対策には気持ちの切り替えを上手に行なうということが上げられています。

うつ病の種類

うつ病には定型うつ病と非定型うつ病や仮面うつ病そして産後におこる産後うつ病の5種類があります。私達が知っている一般的なうつ病は定型うつ病で憂鬱な気分が2週間以上も続いている状態で体が疲れやすくなるだけでなくだるくて重いような感じがしてしまいます。このことでひきこもりになってしまう人も多く、症状が重いと1日中うつ状態でいることになります。非定型うつ病ですが定型うつ病とは逆に好きなことをしている間はうつ状態から抜け出すことが出来るため1日中うつ状態になることがないうつ病のことで周りに助けてもらいたいという気持ちが増幅してしまうことで自傷行為をする人もいます。仮面型うつ病は精神面でのうつ状態が現れることがない本来のうつ病の症状とは異なるうつ病で体調不良が起こることで病気と勘違いされがちで、症状がひどくなるまで気づかないということもあります。最後に産後の女性が起こしやすい産後うつ病ですが、これは出産後のホルモンバランスの変化から起きるもので放置をしてしまうと本格的なうつ病になりますので家族に助けてもらうようにすることがベストです。